トヨタとアキッパの提携による、シェアリングサービス拡大について

空き駐車場のシェアリングサービスのアキッパは、トヨタ自動車と提携する見通しとのことです。駅前など郊外立地にも展開するトヨタレンタカーの店舗駐車場をアキッパのサイトに登録するようで、いわゆる駐車場を増やすことで利便性を高め、トヨタ自動車との連携による社会認知度や信頼性向上にも繋げる狙いかもしれません。トヨタレンタカーの車をアキッパのサイトから予約できるインパクトは大きいように思います。互いのスケールメリットを発揮し、シェアリングサービスの裾のは、益々、広がっていく勢いを感じます。旧態依然の「所有する時代」から「共有する時代」へと移っていく、時代の流れを作りだすプレイヤーとして捉えて見ると面白い。過去にTSUTAYAのようなレコードやビデオをレンタルする店が、街のあちらこちらに展開し、そこに若者たちが店に立ち寄り借りていく姿を思い出すのです。アキッパは、今後、シェアリングサービスを一手に引き受けるくらいのことをやってほしいと思います。空港や駅などで待ち構えているトヨタレンタカーのような大手との提携に留まらず、駐車場市場などの参入にも急ぐ必要があると思いますので、ベンチャー企業を買収するなどし、シェアの拡大に注力していくのを期待しています。外壁塗装 相場