よくあることだが、雨の日は路線バスというのはだいたい遅れるものです。
人の多い少ないだとか、走るルートで多少の違いはあるかもしれませんが、バスのダイヤなんてそんなものです。
雨の日はただでさえ車の交通量が増えるし、バスを乗り降りするときに傘を差したり立たんだりして、普段より乗降に時間がかかります
普段、自転車やバイクを使っている人は、雨の日にはバスを使ったりするので、バスを利用する人も普段より増えます。
そんなこんなで、私の家の近くの停留所では、雨の日に平気で20分もバスが遅れたりするんですよね。
先日も雨の日に、まだかまだかとバスを待っていたのですが、この日はあいにく、バケツをひっくり返したような雨が降っていました。
バスの停留所には私の他にも5、6人ほど人がいたと思うが、バスを待っている間に、みんなすっかり足元が濡れてしまっていました。
特にスーツに革靴を履いているサラリーマンなんかは、見ているこっちが可哀想に思ってしまうほどずぶ濡れになっていました。
バスの遅れは仕方ないものだとしても、これだけ雨に濡れてしまうと、とてもやるせない気持ちになったりしますよね。フレシャス