A・I、N・T、M・T、SHIBUYAへ

「ところでさ。こういう近くにホームセンターってあったっけ?」
 M・TがスマホでポケモンGOをやりながら聞いてきた。S・Kと別れてから今まで誰もてんで口を利いていなかったが、それでも三お客整うと昔のように何かしら話したく達するものだ。
「やたら受け流すな。ロフトなら渋谷にあったような気がするけど」
 三お客とも東京に住んでいながら渋谷にはきちんと細かくなかった。
「あとは?」
僕はちょっと思い起こした。胸中に浮かんだのはS・Kのセレクト休憩です。
「あったよ。売りが」
三お客は五反田まで伺うはずだったが、いきなり渋谷で中途降車した。
「コレです。コレ」
 僕は宇田川街角のとあるビルの今しがたでS・Kの後手をしながらフレミング左の原則旨く、片手を目の前に掲げた。
「よもやそれ、S・Kか?」
「滅多に」
「違う違う。アイツは小指も立ててた。こうやって、再び、こんな感じで。いや、こうか」
 ファッション読物のターゲット採集のようにダッグアウトで礼儀ひどく逃げ出すように乗り物を組んで腰掛けているS・Kを思い浮かべながらN・Tは指でキツネのようなラインを作った。エピレ 2箇所 500円